押出成形フィルム

 

押出成形フィルム

 

押出成形フィルム

フィルムの一般的な製造方法である溶融押出成形では、製造時に異物混入や原料の一部酸化から焼けこげが発生し、フィルムが流れる方向にスジ様の模様(ダイライン)が生じることがあります。

 

 

表面形状観察

Profilm3Dでは、成形時に生じたダイラインの観察や表面状態の観察を、非常に簡便に行うことが出来ます。

 

製品情報
Profilm3D 3次元表面形状測定システム
F20 膜厚測定システム
F10-RT 反射・透過・膜厚測定システム
F3-sX 基板厚測定システム
F3-CS 卓上膜厚測定システム
F40 汎用顕微鏡モデル
F40-UVX 紫外・近赤外対応顕微鏡モデル
F50 自動膜厚測定システム
F60 アライメント自動膜厚測定システム
F54 顕微式自動膜厚測定システム
お知らせ一覧
表面形状測定例がこちらからご覧頂けるようになりました
2018年12月12日~14日に東京ビッグサイトで開催される「SEMICON Japan 2018」に出展致します。皆様のご来場をお待ちしております。 
9月18日~21日に名古屋国際会議場で開催された「第79回応用物理学会学術講演会 展示会 JSAP EXPO AUTUMN 2018」に出展しました。皆様のご来場に感謝…

Page
top